子供が粉薬を飲んでくれないのです。
どうしたらうまくのんでくれるでしょう?

生後6〜7ヶ月ともなると、お子さんは「イヤイヤ」を覚えて、お薬を飲ませにくくなります。こんなときは少量の水で練って団子状にし、お母さんの指につけて頬の内側や上あごに塗ってあげましょう。
水に混ぜて飲ませにくいときは水の変わりにアイスクリームやヨーグルトに混ぜると飲ませやすくなります。
ミルクに粉薬をまぜて飲ませると、ミルクが苦くなることがあり、ミルク嫌いになりかねません。

ただ、お薬によっては、水に混ぜて時間が経つと味が変わったり、ジュースに混ぜると苦くなるものがあります。どうしたら一番良いかは、薬剤師におたずねください。
2歳ぐらいになると、粉薬を直接口の中に入れ、水を飲ませてあげればお薬を飲めるようになります。


8時間おきに飲むよう、お薬をもらいました。
お薬を飲む時間なのですが、子供が寝ています。起こして飲ませなくてはいけないですか?
無理に起こして飲ませる必要はありません。
多少時間がずれてもよいので、寝る前や起きてから飲ませてあげてください。

38.5度以上熱があるときに使うようにと坐薬をもらいました。
今38.3度の熱があって、つらそうなのですが、坐薬を使ってよいですか?
医師の指示された温度になっていないときは、坐薬を使わないでください。
発熱はからだの防衛反応のひとつで、からだが病気と戦っている証拠なのです。あまり心配しすぎずに見守ってあげましょう。