知っていますか?薬の正しい服用時間

食前
食事のおよそ30分前に服用 食事の影響を受けやすい薬や、血糖値をコントロールする薬、食欲を出す薬、吐き気止めの薬は食物が胃に入る前に服用します。

食直後
食事後直ちに服用 胃障害を生じやすい薬は、食物が胃の中にあるときに服用します。食物が胃の刺激を緩和します。

食後
食事のおよそ30分後に服用 内服薬の多くは、食後30分後に服用します。これは飲み忘れを防ぐためです。もし飲み忘れるようなら、食事のすぐ後でもかまいません。
食間
食事のおよそ2時間後に服用 食物に影響されて薬の吸収が減少するものや、胃粘膜を保護する薬は、胃内に食べ物がなくなった頃に服用します。

頓服薬
必要に応じて服用

頓服薬とは症状を一時的に改善する薬です。

痛み止め、解熱剤、下剤、狭心症発作止め、睡眠薬など。

指示された用法、用量を守って服用してください。

時間毎
食事に関係なく一定の間隔で服用

効果の維持を期待する抗生物質などは、食事に関係なく一定の間隔で服用します。

ただし、睡眠時間の関係などで多少時間がずれてもかまいません。生活サイクルに合わせて調節してください。