現在、妊娠3ヶ月です。お薬を飲んでもおなかの子供の発育に影響ないでしょうか?
妊娠中または授乳中は自分の判断でお薬を飲んだり中止したりしないようにご注意下さい。
妊娠中、特に妊娠初期から3〜4ヶ月までは、薬の服用を慎重になる必要があります。
そのために、妊娠していること、又は妊娠している可能性があることを主治医に必ず伝えてください。
妊娠中でも服用する必要がある薬は、処方される場合があります。この場合医師は安全でかつ有効と判断される薬を処方しますので、指示にしたがって服用してください。
安全なお薬を処方されているにもかかわらず、不安に思ってだまって薬を飲まないことのないように…。

生理痛がひどいのでたまに鎮痛剤を服用していますが、鎮痛剤は飲みすぎると癖になるのですか?
鎮痛剤を飲んで癖になったり、薬が効かなくなったりすることはありません。つらいのを我慢せず、安心して薬を飲んでください。

持病の片頭痛がひどいので薬を飲みたいのですが、将来妊娠したときに、子供に障害があるのではと心配なので我慢しています。
副作用や後遺症は心配ないですか?
鎮痛剤に限らず、どんな薬でも妊娠以前に服用したお薬によって、将来胎児にその影響が出ることはありません。
注意する必要があるのは、妊娠中に服用する場合です。妊娠の可能性があるときは、念ためくすりの服用を控えたほうがよいでしょう。

50歳を過ぎた頃、健康診断でコレスレロールが高いと言われました。コレステロールの高そうなものはあまり食べていないのですがどうしてでしょう?
女性は50歳前後になると卵巣の働きが低下し、卵巣から分泌されるエストロゲンという女性ホルモンが急激に減ってしまいます。エストロゲンには血管壁へのコレステロールの蓄積を防ぎ動脈硬化を予防する働きがあるため、閉経を迎える頃からコレステロール値は急激に上昇し、動脈硬化も増加します。
しかし、ライフスタイルを改善し、コレステロールを減らしたり高血圧を予防することで、動脈硬化の進行を遅らせ、血管の老化を防ぎましょう。