ビタミンD

ビタミンDのイメージ
化学式
C28H44O
分子量
396.65 g/mol
英語表記
Vitamin D
読みカナ
ビタミンディー
  • 概要

    ビタミンDはビタミンの1種で、脂溶性ビタミンに分類されている成分です。
    ビタミンD2とビタミンD3に分けられており、ビタミンD2は植物に多く含まれ、ビタミンD3は動物に多く含まれています。
    ヒトの場合ですと、ビタミンD3が重要な働きを示します。

  • 作用

    ビタミンDはカルシウムが小腸で吸収されるのを助ける作用があります。また、腎臓の働きによりカルシウムの血中を、尿へ送り出すことを抑える作用もあります。そのため骨を丈夫に保つには欠かせない成分となっているため、骨粗しょう症疾患の骨折を予防する効果があります。他には、骨を丈夫にするだけけではなく、歯も丈夫にすることやシミを改善する効果、肥満予防にもなります。

  • 副作用

    副作用としては、腎臓に障害がある方が摂取すると、尿毒症になることがあります。また、過剰摂取によって食欲不振、便秘、嘔吐などの報告があります。過剰摂取は1日の摂取量の約10倍以上を、長期に摂取した場合に、副作用が起こってしまうことがあります。

  • 注意事項

    注意事項としては過剰摂取してしまうと、高カルシウム血症、腎臓障害を引き起こしてしまうことがあるので、注意が必要です。また、血液中のカルシウム濃度を上げ、内臓や血管壁の沈着を招くことがありますので注意が必要です。

ネット総合病院は、海外を拠点し海外より個人輸入代行サイトを運営しておりますが、 日本の薬事法を尊重し医薬品の表示は、お客様自身にて商品名を検索していただく形式を取らせていただいております。
ご不便をお掛けいたしますが、何卒、ご理解くださいますようお願いいたします。

お探しの医薬品名を入力してください
検索

お薬に含まれる成分を検索することが出来ます

検索

成分ページはキーワードが一致した場合のみ表示されます。表示されない場合は、キーワードを打ち直す、または五十音検索をご利用ください。