ビタミンE

ビタミンEのイメージ
化学式
C29H49O2R
分子量
430.79 g/mol
英語表記
Vitamin E
読みカナ
ビタミンイー
  • 概要

    ビタミンEは、脂溶性ビタミンの1種で、トコフェロールとも呼ばれています。
    1922年にアメリカのハーバート・エバンスとキャサリン・ビショップによって発見された成分です。
    ビタミンEが多く含まれている食品としては、うなぎ、たらこなどの魚介類や西洋かぼちゃ、アボカドに含まれています。

  • 作用

    ビタミンEは抗酸化作用持っているため、活性酸素によって体内の脂質の酸化を防ぎ身体を守る働きをします。また、末梢血管を高めることができることや、血液が固まるのを防ぐこともできます。主に、老化予防、ガン予防、動脈硬化の予防、血行不良の改善、溶血性貧血の予防、肌のシミ、しわの予防などに効果があります。

  • 副作用

    副作用としては、胃部不快感、下痢、便秘などの報告があります。また、過剰摂取してしまいますと、ビタミンKの代謝阻害や軽度の肝障害や、骨粗しょう症などの報告もあります。

  • 注意事項

    持病やアレルギー体質の方は必ず医師に報告してください。使用量などはきちんと守り、過剰摂取することは避けてください。過剰摂取することによって、副作用が出る可能性が高くなってしまうので、注意してください。

ネット総合病院は、海外を拠点し海外より個人輸入代行サイトを運営しておりますが、 日本の薬事法を尊重し医薬品の表示は、お客様自身にて商品名を検索していただく形式を取らせていただいております。
ご不便をお掛けいたしますが、何卒、ご理解くださいますようお願いいたします。

お探しの医薬品名を入力してください
検索

お薬に含まれる成分を検索することが出来ます

検索

成分ページはキーワードが一致した場合のみ表示されます。表示されない場合は、キーワードを打ち直す、または五十音検索をご利用ください。