結合型エストロゲン

結合型エストロゲン

英語表記
Conjugated estrogens
読みカナ
ケツゴウガタエストロゲン
  • 概要

    結合型エストロゲンは更年期障害や膣炎、機能性子宮出血、卵巣欠落症状、卵巣機能不全症等に効果を発揮する卵胞ホルモン剤です。
    更年期障害によりエストロゲンが急激に減少してしまうのでホルモン補充療法(HRT)として広く用いられております。また、泌尿生殖器の萎縮に伴う膣の乾燥や尿失禁にも効果があるとされています。
    年齢や症状により使用量は適宜増減しますので医師の判断の下、決まった用量を使用してください。

  • 作用

    結合型エストロゲンは女性ホルモンとして働く卵胞ホルモン薬で閉経前後に少量使用する事で更年期障害に伴う不快な症状を緩和してくれます。また、泌尿生殖器の萎縮にともなう膣の乾燥感や尿失禁にも用いられます。 他にも卵巣欠落症状や卵巣機能不全症、膣炎、機能性子宮出血などにも適応があります。

  • 副作用

    副作用で多く報告されているのは乳房の張りや痛み、出血、吐き気、嘔吐などです。しかし、身体が慣れてくれば副作用も起こらなくなることが多いので心配はいりません。

  • 注意事項

    血栓症や持病など持っている方、アレルギーを持っている方は医師に相談しましょう。また、妊娠中の方は使用できません。

ネット総合病院は、海外を拠点し海外より個人輸入代行サイトを運営しておりますが、 日本の薬事法を尊重し医薬品の表示は、お客様自身にて商品名を検索していただく形式を取らせていただいております。
ご不便をお掛けいたしますが、何卒、ご理解くださいますようお願いいたします。

お探しの医薬品名を入力してください
検索

お薬に含まれる成分を検索することが出来ます

検索

成分ページはキーワードが一致した場合のみ表示されます。表示されない場合は、キーワードを打ち直す、または五十音検索をご利用ください。